エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

ボードについて考えてみる。

家で練習したいプレーヤーは多いですよね。

僕も以前は投げたがりだったので、ご多分に漏れず家にボードを設置しようと計画。
そこで大体悩むのは、「ハードボード」か↓
standard_b
ソフトボードか↓
pc2
僕の場合には、ハードダーツもやりたかったのでソフトのボードは考えずに、ハードを設置して、現在でもハードを掛けています。

しかし、最近では↑の様なPCやTV連動型も出来ているので、あったらこれにしていたかもしれませんねぇ。
でも。。。マンションとかだとやはり気になるのは騒音問題。

ダーツバーとかでは気になりませんが、ソフトボードの場合、刺さる時に意外と大きい音がするんです。

「え?こんな大きかったっけ?」という感じです。家族で暮らしている場合でも「うるさい!」っと言われそうですよね(笑)

そこで、もうちょっと調べてみると「おお!!」という商品が。
pleasure
ソフトダーツ用の大きさでのブリッスルボード(ハードボード仕様の製品)発見。

これ欲しい(笑)

カラーリングが、実際のメダリスト系の配色というのもなかなか良い。
これで、ギャラ2仕様とかD-1仕様、フェニックス仕様とか選べたら、もっと面白いですよねぇ。

個人的にですが、元々ハードの配色(赤・緑・黒・クリーム)があまり好きではないので、配色だけならこっちかな?

更には、ターゲットの大きさもソフト仕様なので、ソフトを軸に投げている人や始めたばかりの人ならば、絶対こっちがお勧めですね。

いきなりハードも良いですが「入れる感覚」「入る感覚」を身につけるにはソフトって凄く良いんですよ。現在、ハードのトップ選手達のほとんどが「ソフト出身」に変わりましたからねぇ。

フォームを最初に固めるにも、色々な場所を狙ってしまうよりは一点(ブルだけ)を狙って練習し続けた方が固まりますしね。

いずれにしても、これだけボードも選べるようになって、良い時代になったな(笑)
KTM.ktm999 トラックバック(0) 2010年03月08日20:54

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
2012年3月
DMC×SAKURA MORIKIN ACUTEデザイン。
2012年5月
プライベートブランド「FlaVor Store Design」設立。
2012年8月
dmc888 UNITE12 共同デザイン。

スポンサード:
-RON Inc. -dmc|888 -LIPPOINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -Right Fast Limited. -EDGE SPORTS -Triple A Inc. -FlaVor Store Design -HEAD ROCK. -DOS GRAMOS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。