エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

USAGIEDGEが発売決定。

漸く2月16日(火曜日)に発売されるそうです。

このUSAGIEDEGE、その名の通り

USAGIDARTSEDGESPORTSのコラボレーションバレルということで、依頼を受けてバレルデザインを担当させてもらいました!
今回は、「選手使用モデル」「コンセプトモデル」の両方を担当させてもらっていますが、

選手使用モデルは、その選手のグリップタイプや実際のフォームに合ったものを、コンセプトモデルは、多くの人が使いやすいモデルを製作。
前にも言いましたが「選手のモデルは一つの手型に合わせ、コンセプトタイプは多くの手型の最大公約数を」という感じですね。

では紹介しましょう。


まずは「FROGGKING(大久保亜由美モデル)」から。
BlogPaint
36mmという、最近では主流の一つとなった全長に7.5mmの最大径。
テーパーはグリップしてもらえれば分かると思いますが、親指にしっくりとくるように。最大径を7.5mmにした事により、バレルの抜けづらさを立て溝カットを採用する事によって、手離れの良さを解消。
ボードに「ドン!」という音で刺さるくらいの重厚感を出しました。

そして、次のモデルは「STARTRACK」。
BlogPaint
全長は32mm。ベリーショートのバレルって、30mm付近が多いのですが、2mm伸ばした事によって、ベリーショートにありがちな「ぶっ飛び感」をコントロールしやすいようにしています。
カットは、今まで現存している所謂「彫り込む」カットではなく、「段差」を利用したカットを採用。2フィンガーやグリップディスタンスの短い3フィンガーに合うと思います。

最後はULTIMATE。
BlogPaint
観たままの逆シャークカットをグリップ部分に採用しています。
全長38.5mm・最大径は7.6mm。テーパー部分が長めの為に、どのグリップタイプのプレーヤーでも楽にグリッピング出来ます。
最近多くに観られる「ダーツを持ちすぎて手から離れない」又は「グリップ力が強すぎる」プレーヤーでも楽にバレルのライントレースが可能となっています。

昨年からだいぶバレルのデザインにおいて、作り方が変わってきたかもしれません。第一に「使いやすく、コントロール性の高い」バレルというのが、基本的なコンセプトになり、「行き過ぎた重心率」を排除。
確かにバレルの乗り換えのときには「飛ぶバレル」って評価されやすいんですが、これってコントロール性を犠牲にする場合が多い。
勿論、出来る限り来んおトロール性も考えて作っていましたが、今は第一に現在のフォームの傾向を鑑みてからになりましたねぇ。

他のスポーツと同じく、やはり「使いやすい」というモデルが良いと思って。
癖のあるモデル(選手モデルが代表的ですが)は、それはそれでたまらなく面白いバレルなんですけどね。
使いこなしたときに愛着湧くし。

まあでも、レーティングがなかなか上がらないとかの場合には、流行のバレルよりも「使いやすい」バレに変えると、思ったよりも早くレーティングアップするかもしれません。

じゃあ、どういうバレルが良いの?という方は。。。
う~ん、今度「楽しいバレル選び」という企画で、各ダーツショップで回ってみようかな(笑)
KTM.ktm999 トラックバック(0) 2010年02月02日12:10

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
2012年3月
DMC×SAKURA MORIKIN ACUTEデザイン。
2012年5月
プライベートブランド「FlaVor Store Design」設立。
2012年8月
dmc888 UNITE12 共同デザイン。

スポンサード:
-RON Inc. -dmc|888 -LIPPOINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -Right Fast Limited. -EDGE SPORTS -Triple A Inc. -FlaVor Store Design -HEAD ROCK. -DOS GRAMOS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。