エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

バレルの重たさは何gが最適か?

よく聞かれます、この問題。

あくまでの僕の経験からの見解なので、参考程度

ずばり!数値だけで言うとすれば、

今の日本国内におけるレギュレーションも含め、
15~17.5g(バレル本体のみの重量)が一般的には良いでしょう。

レギュレーションの問題(セグメント及びマトリックスセンサーシートの耐久性の関係上がほとんどなんですけどね。耐久性を向上させれば、これ以上のグラム数で投げて良いですよというボードメーカーが出来るかもしれません。)で、

海外(但し、Bullshooter系)はセッティングして18g

日本は20gで投げてくださいねというのが通常。
(あ、メダリスト系の大会では海外でも20gが許可されていると聞いたことがります。)
ただ、海外試合を観てきた中で、このレギュレーションを各選手がしっかり守っている訳ではありません。
レギュレーションチェックもありません。

であれば、海外戦を目標としていない限り

「重たさを感じやすい」


ほうが、多くの人は投げやすいと感じるかもしれませんね。
だって、バレルの重たさを感じられることがなかなか難しいから、フォームというのは固まりにくい。

日本で投げている分には、少し重めの設定になっているものを選ぶものありでしょうね。
実際、国産のバレルブランドはほとんどがこの、17gを中心とした上下0.5gくらいの設定で製作されているので、あまり神経質になる必要はありません。

16.5のバレルだって、セッティングによっては、余裕で18g超えて行きますからね(笑)ミディアムシャフト&スタンダードフライトというセッティングで超えますから。

だからといって、これが「ルール違反」というわけではないんです。

レギュレーションで「18g程度の~」とは書きにくいですよね?
なので、メーカーが「これはセッティングして18gですよ」と書かれていれば、問題ないことに一応なっています。あ、これはburn.を僕がやっている頃に出ていた問題なんですけどね。

まぁ、でも1g増えたからといって、俄然有利になることはないですし、ブル率が飛躍的に上がることもありません。

ただ、「重さを感じやすい」という部分では気分も乗るだろうし、投げやすく感じやすい人が多いと思うので、そういう点から観れば有利という判断かも。

但し!!


ただ重ければ良いというわけではなく、あまり重たすぎると感じるものだと、「ひょい投げ」(重たさを利用して、感覚投げをする)が増える可能性があるので、「基礎がしっかりしたフォーム」という部分では、万人にはお勧め出来ないと。
しかし、これも逆の使い方として、

重たさが分からずに、ビュンビュン腕を振ってしまう人ならば、重たさを感じやすい重めのバレルにして、バレルの重たさを利用するようにすると、

以前よりは力を最大限使わずに飛ばせるという考え方もあります。

最近の多くのプレーヤーは、フォームが完成している人が多いんですが、重たさを感じきれていない人が多いので、最近僕が設計しているバレルは重ため設定にしています。

あとは、投げ慣れていると重たさって感じてこなくなりますからねえ。

アジアチャンピオンも取った事がある、某有名ダーツプレーヤーの○SAHI(これそのままだな(笑))は、

「15gくらいじゃないと投げられない!」と言っていたのに、

数ヶ月後には、僕がタングステンンの粉末を入れて改良した、17gモデルを「こっちが良い!」と投げていましたからね(笑)

別のプレーヤーでは、

「これ何グラム?」と聞かれたので,

16.5g合わせだったバレルを、

「うん、15g切るかな。。。」と言った所、

投げ始めて、「やっぱ、軽い方が良いなぁ」と言って、次の日優勝していましたから(笑)

慌てて、プロトと本人の気付かないうちにグラムを上げて製作した思い出があります

僕も普段からバレル作っていて、製作しているときには、持つだけで大体何グラムか分かるようになってきましたが、いきなり投げ始めたりすると分からないときが多々ありますね

昔、実験の為に選手達に0.5g毎にグラム数が違うバレル、1g毎にグラム数が違うバレルを、最初は伝えないで投げてもらったことがるんですが、1gはさすがに感覚が鋭い選手は「あ、これグラム数違うでしょ?」とすぐに気付きますが、0.5gまでは「え?そうなの?」と気付かないという統計を取ったことがります。

なので、自分が

「これなんか調子良い!」

と思えば、そのグラム数がどうであろうが

その人に最適なバレル

だと思いますよ

??yuuri_link

KTM.ktm999 トラックバック(0) 2009年12月04日15:02

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
2012年3月
DMC×SAKURA MORIKIN ACUTEデザイン。
2012年5月
プライベートブランド「FlaVor Store Design」設立。
2012年8月
dmc888 UNITE12 共同デザイン。

スポンサード:
-RON Inc. -dmc|888 -LIPPOINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -Right Fast Limited. -EDGE SPORTS -Triple A Inc. -FlaVor Store Design -HEAD ROCK. -DOS GRAMOS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。