エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

同じLシャフトの330でも、ちょっと感じ方は違うかもと試す。

Lシャフトの場合には、同じ330でもこう違う。

あ、色々とシャフトの長さを試した結果330になったという話からの流れです。

IMG_3935

本来ならば、多分僕のテイクバックに矢角をつけるのであれば130とかわざとつけて、深く倒せるようになれば矢角はつくのですが、どうも見た目の問題でNG(笑)
これが、ツアー回っていたりするんだったら容赦なく短いものでも軌道が安定しやすいものをセレクトするんですが、今の僕の場合には「完全に見た目」で330に。これでも妥協したほうなんです。

なんか長いシャフトついてるバレルセッティングってかっこよくない?
たったそれだけのことなんですけど(笑)、今使用しているバレルのバランスから考えると330がベストマッチ。但し、僕の場合もろに顔に当たる。テイクバックの最下点をもっと肩側に行くように細工すればいいんですけど、今更面倒&練習嫌いなので、入らない日は「しょうがない」と割り切り型(笑)

んで、せっかく330を使用するならば上記の画像のように「せめて、どれがいいかな?」と検証することに。カーボンを使用しているもの、そうでないものでも結構重たさが変わりますからね。バレルで考えると結構デカイ数値をシャフトが担うわけです。
さて、それでは実際に比べて投げてみようということになるんですが、これが結構面白い。
要は「クイックに動いてくれるかそうでないか」ってことです。これは長さも関係してきますよね。
長くすれば長くするほど、クイックには動きづらいというデメリット、メリットはテイクバック時の安定感は出しやすい。
逆に短いものはクイックに操作しやすいんですけど、その分テイクバックを倒し過ぎちゃったり矢角が必要以上に出てしまうというデメリットもあります。
とにかく、何をチョイスしたとしても「メリットとデメリット」が存在し、妥協とは言わないまでも自分が許容出来る対処法があるかどうかですね。

テイクバック最下点から、ほんの微妙な感じなんですけど「引っ張って行く時」に特徴が出てくるんです。どこで出てくるかはその人の感じ方次第なので割愛しますが、僕の場合には始動するときとフォローに行く時の「存在感」的なもので感じます。「重たさ」とは言わずに「存在感」。正直目を瞑って投げたら判別出来ないと思う(笑)プロでさえ「〜な感じなんですよねぇ」という会話が繰り広げられるくらい曖昧。
長さの方がわかりやすいんですけどね、重たさっていうのも結構重要。
これにシャンパンリングをあれこれ素材を変えたりすると、もっと感触が変わってくるんですけどね。

結果的には、ハイブリッドな感じの真ん中にしたんですけど理由は「なんかセパレートされている度合いが気に入った」的なもので(笑)僕の放物線は「直線型」なので、結構セッティングがシビアになるんですけどね。それでも見た目で今回は選んでみるという暴挙。

Lの場合には、部品が分かれてくれているのでそういう「ミニ四駆」感覚が楽しい。
それよりも早く治ってくれないかなぁ。。。

IMG_3906



 
KTM.ktm999 トラックバック(0) 2017年05月05日16:54

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。