エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

シャフトの長さでダーツを持つ時に大きな差が出るんだな。

あのですね、例えば長いシャフトを使うと「飛ぶ」と感じる人もいるし「なんか後ろが重たい」と感じる人もいます。

IMG_4284

シャフトのセレクトで「メリット」と「デメリット」はその人に変わるんですね。
まぁこれから書くことは、色々な選手の意見を加味して「一般的」な評価ですので、万人に当てはまるとは思いません。ですが、まぁ参考程度にはなるかもしれませんね。

例えば、370〜440という長めのシャフトのメリットとデメリット。
多くの人の場合、目の近くにテイクバックしてくる人及び肩にしっかり畳んでくる人は、最終的にフライトが顔か肩に当たりやすいので、長いシャフトを使用すると「ビシ」っと当たったことによって、リリースタイミングが早くなってしまう時が多々あります。
そして、バレルの後ろの重量を鑑みておかないと「なんか重たいんだよな」と思う人もいるでしょう。
そうなると、必要以上に初速を上げて処理しようとするためにインパクトが強くなったりね。
更には、どうしてもしっかり引きたい人は顔の横に引き始めるので頬にフライトが引っかかるのを嫌がって、かなり外側に逃がす。そうすることによって肘が内側に巻き込まれる様な状態になるので、リリース時に一旦ストレートに戻そうと無意識で行うので、結果的なフォローが右に逃げていく。
こうなると、母指球筋がアクティブに動き出すので段々「手投げ」し始める傾向があります。
これが大体「長いシャフトを使った時のデメリット」として上げられる例ですね。

しかしながらメリットももちろんあります。
最初は長く反応が遅いのでハンドリングしづらいのですが、慣れてしまうとそんなに力を入れなくとも軌道に乗って「伸びてくれる」ので楽。そして、グリップ時に感じる安定感も意識しやすい人も多い。
長い分、どこが重心位置かわかりやすいということですね。
なんか重いと感じる場合には、最近では長くても軽いシャフトがたくさん出ているので対処法もありますよね。
そんで、長いシャフトをつけているとなんかカッコいい(笑)(これは完全に極私的な意見です)

対する短いシャフト。
デメリットは、短い分重心位置が理解しづらいと感じる方がいるかもしれません。
但し、これを逆手にとって「玉を投げている様にイメージする」なんて人には逆にありがたいかも。
そして、結構自分で頑張らないと長いシャフトに比べて失速しやすい。
これはフライトの体積の変更で空気抵抗を減らしてみるという策があります。

メリットとしては、顔に当たったり肩に当たったりしにくいので十分にテイクバックが出来ますよね。
そして、全体的なセッティングが短い分抜けやすい印象も感じられるかもしれません。
まぁこれは、バレルの長さと太さに大きく関係してくるので「見た目」という部分が大きいでしょうけど。よく、初心者には「短い方がコントロールしやすいよ」なんていう話もこういう部分から言われるのでしょう。
飛びが長いシャフトに対して、バタつきにくい(ダッチロールしていたとしても、長いシャフトに比べれば動きが少ないしね)のでそういう側面もあるかな。

とにかく、色々「重たさ」と「長さ」、そしてこれに付随する「フライト」で今お使いのバレルが全然性格の違うバレルになったりするんです。
正直、バレルよりもセッティングの方が大事だと思うんですよねぇ。
ここまでいくと、「オトナの工作」みたいな感じで色々と試してみるのも面白いですよ。
自分では合わないと思っていたものが実はバッチリだったとか、突然レベルアップしたとかよく聞く話です(笑)


 
KTM.ktm999 トラックバック(0) 2017年05月13日15:53

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。