エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

浅田斉吾モデル「LOPEZ4」を真剣にインプしてみよう。まずは変遷から。

いつも木曜日には「半田さん」コレクションが見られるので、

「どうよ?いいのあった?」っとまるで闇取引のような会話が繰り広げられています(笑)
その中で、やはり登場した斉吾のモデル「LOPEZ4」。
元々変遷としては追っていたんですが、まずはそこから行きましょうか。
飽く迄も極私的な評価なので、参考程度にね。

最初に出たモデルがこれ↓

36
LOPEZ TYPE1。
全長40mmに最大径が7.4mm。重量が17.20g。
縦カットを採用して上手く流れを作っていますが、数値的にはそんなに勝負してきていない平均的な数値。最大径を後ろまであまり変化させずに引っ張っているので、見た目よりもグリッピングポイントは安定感を感じられるようになっている。

13
LOPEZ TYPE2。
全長41.1mmに最大径が7.4mm。重量が18.5g。
テーパーの性質が変わった感はあるものの、数値的にはマイナーアップデートという感じでしょうかね。こういうテーパーを使い始めたということは親指の当たり方が若干変わってきたのかなと推測出来ることと、人差し指と親指の一体感について彼なりの変化があったのかなと思って見ておりました。
これも、「万能型」と言える数値で特筆された数値は見出せない。
21
LOPEZ TYPE3。
全長39mmに最大径が7.6mm。重量が19.0g。
全モデル二つとは明らかに性質の違うモデルとして発売されたTYPE3。
立ち上がりの強いテーパーを採用したということは、TYPE2で話したように人差し指と親指の位置関係の答え合わせが出来てきたのかなという印象を受けました。
ここまでハッキリとしたグリッピングポイントとリリース時のバレルに掛かる「圧」に求めるものがクリアになってきたんでしょう。
ただ、ここまで立ち上がりをキツくしてきたということはリリース時の安定感が大幅に増されてきたという証明でもあるんですけどね。
こういうテーパーの短いモデルの場合、バレルに圧が掛かり易いので最初はぶっ飛ぶんですけど、いつのまにかその圧の魔力に駆られて「指で押す」乃至「弾く」というデメリットも併せ持つようになってくるんですね。
勿論、高いレベルでの話ですからバレルの滑らせ方がプロクラスであれば、ミスショット率も低いんですけど。
ただ、前2タイプに比べれば圧が前方に都合よく逃げてくれない分、セット時のグリップの安定感は向上するものの、リリース時の圧の逃がし方にはコツがいるようになる。
特に後方部分に3種類のカットを施している分、指に伝わってくる情報量はその状況で変わるので、調子の悪い時には如実に変化に気づいてしまいやすい。

あ、非難しているわけではないんです。バレルには必ず「メリットとデメリット」が存在していて、これから次に紹介するLOPES4と比較するためにはどうしてもデメリットも書かないと、比較しにくいのではないかということで敢えて。

そして、今回発売された「LOPEZ4」。

42
LOPEZ TYPE4。
全長39mmに最大径が7.8mm。重量が20.0g。
今まで輩出されたLOPESシリーズの中で、一番ビッグバッドな数値でかつ重い。
TYPE1から比較するとわかりますよね。
最大径が0.4mm違うって相当なことなんです(笑)
では詳細は次で・・・。




 
KTM.ktm999 2017年09月26日09:17

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。