エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

急いで上手くなる必要はないと思う。

人には成長度合いがありますよね?

これダーツも同じだと思うんです。友人が自分より先に上手くなってしまったとか、早く上手になりたいという気持ちはわかります。
でも、その分ゆっくりダーツというものを楽しめる時間でもあるんじゃないかと思います。

僕の周りも、10年近く経ってトップ選手の仲間入りをした選手もいるし、逆に1年で消えていった選手もいるし。

上達することが全てではないと思うんですよね。お酒飲んでストレス発散程度もダーツ。
年に数回でもダーツ。家で家族と遊んでやるのもダーツ。
プロのトップ目指して必死にやるのもダーツ。いろいろな楽しみ方があって色々な人がダーツに関わっていて、色々な人がそれぞれの意見があるから面白い。

全然まだまだマイナースポーツ故に、色々な意見があって、まだ固まっていない状態だと思います。
このまましぼんでしまうかも知れないし、発展するかも知れない。
そりゃ炎上することもあるでしょう、でもそういうのがあるってことはまだこの業界に興味がある人がいるってことだからいい事だと思うんですよね。

興味無く話題にも登らなくなったら終わりでしょう。

だから、余計に思います。ダーツバブルは明確なものは2回弾けているという認識ですが、最終的な到達点にはまだ先があるという可能性も。
だから、今すぐに上手にならないととか焦らなくても大丈夫だと思います。
比較的、この業界では流れを読むのが得意な方なので、その僕の感覚からしたら全然未成熟だなと。
昔に比べたら、はるかに整備されたルールにしたって他のスポーツと比べたら、まだ雑多な感じもするしなぁ。

特に最近はSNSが発達しているので、解決の流れは前よりも早くなっているはずなんです。
要は、「意見してくれている」と捉えるか「意見されて面倒」と捉えるか。
明らかな的外れな非難中傷は別、選別出来て受け入れられるかによって伸びるか沈むか変わるんじゃないでしょうか。

そりゃ、全員フレーバーで言ったらバニラ味が好きなわけじゃないんだから、合わない人もいるでしょう。
そんなの、どこ行ったって同じでしょ(笑)
ただ、意見してくれているものを攻撃されてると同じにしてしまうのだけはもったいないと思う時があります。
僕もこの業界長いので、色々ありましたけど自分が当事者の場合、意外と周りが見えずに進んじゃっている事があって、その時に周りから見たら「非難批判」に感じる意見でも「確かにそう見られてもしょうがないよな」と思う時の方が多かったかなぁ。
飽く迄も僕の場合ですけど、僕も若い時期があったので(笑)「意見してくんな!」と思った時期もありましたけど、よくよく考えるとそう思われる事自体がバグなんだよなと。

完璧な企画や完璧な発言や行動なんて、人間なんだから最初から出来る人はいないと思うんですよね。
要は指摘されてから、それをちゃんと自分の中で取り入れて糧に出来るかどうか。

死ぬまで失敗して生きていくのが性なんじゃないのかなぁ。
でも、同じ失敗はしないように努める。それで、周りが認めてくれるような気がします。

特にダーツなんて、いくらでも失投していいんです。失投した数だけ上達しているわけですからねぇ。


KTM.ktm999 2019年09月01日04:13

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。