エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

ミクルとセイゴに観る、周りの環境。

年末になると、やはり応援しますよねぇ。

IMG_8439

にしても、ミクルとセイゴのおかげで「世界」というものがこんなに早く近いものになるとは思いませんでしたし、もう相当先の話だろうなとずっと思っていたものを、尽く実現してくれた二人。

とんでもないことなんだけどなぁ、マイナースポーツとしての性なのか、あまり影響力という点では薄い。そしてソフト大国である日本では、ちょっと薄いんだよなぁ。
これはマシンメーカー問わず、全体的に盛り上げなければならないことで、片方のプロの選手が活躍したから沈黙とかそういう次元ではないんだけど。
本気でこれ以上に普及させたければ、「ビジネスはビジネス。選手の世界的な活躍は別」と割り切って、協力して盛り上げて行ってもらいたいという切な願いです。

メーカーとしてもだけどね。
まぁ、写真使っていいならいくらでも僕の関わっているブランドならば拡散する気持ちはあります。
そのブランド(ミクルの場合はターゲット、セイゴはユニコーン)がそれで爆発的に人気出たら、 それはそれで良いでしょ。
そこに通用する選手を他のブランドは育てれば良いんだし。それを目標にしてね。
そんな簡単にミクル・セイゴみたいな選手は出てこないと思いますけど、その前に諦めていたら結局なーんにも変わらずに廃れていくだけでしょ。

今は付いているブランドが色々と「金銭面的」にはサポートしてくれているだろうけど、じゃあ彼らの活躍に対しての業界的な「サポート」ってどうなんだろう?って思います。
勿論、メーカー問わず応援メッセージ的なものは選手や個人的には発信していますけど、もっとサポートしてあげられる環境が構築出来れば、ガラッと変わると思います。
それは「今から」やらないと「あの時にやっておけば・・・」となること必至。

お偉いさんたちはほんと何考えているんだろうねぇ(笑)
直接聞きたいもんです、本当に。
選手が戦ってくれるからメーカーや業界が成立していることを、もう一度わかって欲しい。
それほどのサポートはできない?当たり前でしょ、集合体としてサポートしようと思ってないんだから。
ユニオンとしてサポートしたら、充分な金額集まるのはわかっているのに。というか、この業界20年近くいる僕が言っているので、小さな大会から大きな大会及び年間のどれだけのお金が動いているのかわかっている上で話しているんですけどね(笑)

本気でそういうものが出来るならば、個人でスポンサーします。
それくらいこの業界には世話になったから。

 
KTM.ktm999 2019年12月19日23:01

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。