エスダーツのお得
  • 来店ポイント
  • レビュー大賞
企画・特集
  • マンガでダーツ!
ブログ
  • エスダーツスタッフ Twitterアカウント @yunomasdarts Follow Me Now!!

ダーツマニアックス! - DARTS MANIAX

KTM.がダーツマニアの日常とダーツ愛を赤裸々に綴る

メーカーが有名なのか、選手が有名なのか。

これ意外と間違えるんですよねぇ(笑)

これは選手もメーカーもどちらにも言えます。
僕はこのバランスが均等に保たれている時が一番理想的だと思います。
まぁ、ダーツブランドに営業社員を抱えられるほどの資金力と統制が整っていれば、これが結構バランスが取れやすいんですけど、まぁ今そんなにバレルメーカーも儲からないですしねぇ・・・。
これは難しい問題でしょうが、どちらにしても、選手任せではなくメーカー側は一般企業と同じ様に営業しないといけない。
選手は逆に大きなメーカーを選ばずに自分が目立ちやすい中堅及び小さなメーカーを選んだのであれば、メーカーと共に話し合って自分も上げていかなければいけないし、メーカーも背負わないといけない。
プロモーションをしてくれるとすれば、自分の番が早く回ってくる方がいいですからね(笑)
逆に何もしたくなければ、大きなメーカーの方が守られていていいでしょうね。

どちらにしても大事なのは営業力とプロモーション能力。

そうすれば、まぁちょっとその年選手全体の調子が悪くてもなんとか耐えられますからね。
それが選手任せや、今は良くも悪くもSNSに上げればいいという発想であると将来性は乏しい。
SNSって流れますからね、タイムラインという言葉通りに。
簡単に宣伝が出来る世の中になった分、費用が掛からなくなった分なんかズレた考え方になりがちですけど、やはりポスターやら紙物も需要もまだまだあるんですよねぇ、だから無くならない。

オンラインショップにしても、楽天やAmazon(手数料はバカ高いけど)、ダーツ 専門ショップを使えばなんとなくなってしまうし、完全に割り切るならばそれなりの作戦というものを練らないといけないんですよね。薄利多売型を狙うのか、小ロット利益還元型として成立させるのか。

まぁこの今の状況だと、薄利多売型はよほどの資金量がないとキツいでしょうねぇ・・・。
相当な初期ロット数作らないと利益にならないし、選手に払えないし。

バレルメーカーって大変なんですよ、いろいろやることが多くて。
特に昔みたいに競合他社が少なかったらトップ取るのは簡単でいいんですけど、まだまだ乱立状態ですからねぇ・・・。

マジで世界戦略くらい考えないと、選手に大きなオファーできないですからねぇ・・・。
その分、その頃にはビジネスとして成立しているので、楽になっているんでしょうけど。
あ、ランニングコストが大きくなるからそれはそれで大変か(笑)
 
KTM.ktm999 2020年01月26日03:29

KTM. 紹介

2003年03月
burn.ハウストーナメントをSoul(s)渋谷で企画・運営。
[SSL]渋谷ソフトティップダーツリーグを起案・運営。
2004年02月
ダーツブランド「Trinity」をプロデュース。
2004年05月
burn.Invitationalをプロデュース。
2004年09月
ASTRA DARTSプロデュース。
2004年11月
burn.Invitational「DoubleImpact」プロデュース。
2005年04月
burn.JapanTour2005をプロデュース。
2005年05月
TripleightUniversalBarrelsを立ち上げ。
2005年08月
Allstar Weekendを設立・起案・プロデュース。
2005年10月
BullshooterEurope日本代表監督。
2006年01月
5社合同トーナメント「ONE」プロデュース。
2006年03月
業界を一休みして(笑)、[KDP.]KTM.DARTS PROJECTを開始。
2006年05月
Grooveightをプランニング・バレルデザイン。
2006年12月
burn.LadiesClassic(bLC.)プロデュース。
2007年01月
[SRC]Sunday Royal Classic原案プランニング。
2007年02月
USAGIのプレーヤー育成・バレルデザイン。
2007年04月
D-CROWN、原案プランニング。
2007年08月
burn.JapanTour2007プロデュース。
Bullshooter International原案プランニング。
2008年05月
WWPセレクションをプランニング。
2008年11月
MAX Invitationalをプランニング。
2009年05月
Steelersの原案プランニング。
2009年08月
dmc|888 UNITE09共同デザイン。
Flight-L 「ROCKET FLIGHT」デザイン。
2009年10月
USAGI×EDGE SPORTSコラボレーションバレルデザイン。
スポンサード:
-Triple A Inc. -FiGARO DARTS. -RON Inc. -Reb International. -dmc|888 -LIP POINT -FLIGHT L -LARO SHAFT -tac Factory -ACID DC. -木人軒 -松本忍者 -makeup square. -ADA HKG. -EDGE SPORTS
Home:
CASINO DRIVE YOKOHAMA(ここ2年行ってない(T T))

KTM.のTwitter

Loading

School Of Darts

Loading
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
エスダーツ 新商品情報
エスダーツ 更新情報
S4 NEWS&TOPICS
エッジスポーツ インフォメーション
ブログランキング

このブログに投票する」ボタンを押してね!

お支払い方法とお届けについて

Copyright © S-DARTS All Right Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。